ジェイゾロフト服用中はお酒(アルコール)は控えよう

 

SSRIであるジェイゾロフトを含め、お酒(アルコール)と合わせて飲むのが良くない医薬品はたくさん存在します。

 

ここでは、お酒(アルコール)とジェイゾロフトの組み合わせに関して紹介していきましょう。

 

ジェイゾロフトの添付文書をチェックしよう

 

お酒(アルコール)と合わせて飲むのが「良くない・禁止」の医薬品はたくさんあり、実際医者などから「アルコールと合わせて飲むのは駄目ですよ」と忠告された事がある方も存在するはずです。

 

医薬品の添付文書を確認すれば、その医薬品とお酒の組み合わせに関して把握する事ができます。ここでは、ジェイゾロフトの説明書をチェックしていきましょう。

 

本剤との相互作用は認められていないが、他の抗うつ剤で作用の増強が報告されている
本剤の過量投与、又は本剤の過量投与と他剤やアルコールとの併用による死亡例が海外で報告されている。
参考ページ:ジェイゾロフト添付文書

 

上記は、ジェイゾロフトの説明書からお酒に関する記載を抜粋したものです。

 

「中枢神経抑制効果」をお酒もジェイゾロフトも有しています。ですから合わせて飲んでしまうと、それぞれの効果が大きくなり過ぎて、極めて危険な状態に陥る場合もあります。そこまではいかなくても、頭痛・だるさ・眠気などが強くなる恐れもあります。

 

「ジェイゾロフトだけ」を飲んだ場合でもだるさや眠気が強くなりやすい人は、危険な状態になりやすいので、お酒と合わせて飲むのは絶対に止めましょう。また「ジェイゾロフトを普通に飲むだけなら副作用はあまり出ない」という人であっても、アルコールと合わせて飲んでしまう事で、副作用に見舞われる可能性が上がるので気を付けましょう。

 

「眠気なんてどうにでもなる」と感じるかもしれませんが、予想だにしないレベルの眠気に襲われて仕事が進まなくなったり、フラフラ感に襲われて転んで骨折をしたりする恐れは十分にあるので注意が必要です。

 

ただ、お酒とジェイゾロフトを合わせて飲む事が「禁止」されているわけではなく、あくまで「合わせて飲まない方が良い」だけなので、本当に一滴も飲んではいけないというわけでもありません。ただ、アルコールの量をダウンさせるなどの工夫は必要です(日常の飲酒量が多い人であればなおさらです)。

 

消化器系副作用や依存性・耐性形成のリスクあり

 

ジェイゾロフトに関する副作用としては消化器関連のものが多いので、腹痛や嘔吐感に襲われるケースが多々あります。

 

>>副作用|眠気やめまい、頭痛あり

 

そして、お酒を飲み過ぎたケースでも、お腹を下したり嘔吐感に襲われたりする場合が多いです。つまり、お酒とジェイゾロフトを合わせて飲んでしまうと、消化器関連に多大な悪影響が及んでしまう可能性が高いという事です。このような視点で考えても、お酒とジェイゾロフトを合わせて飲むのは、やはり基本的に良くないのです。

 

また、「耐性が付きやすい」「依存しやすい」という点にも気を付けなければなりません。ジェイゾロフトに関してはこの事に気を付けている方はたくさんいるでしょうが、アルコールに関してはこの事に気を付けていない人が多いのではないでしょうか。

 

実際「アルコールを摂取しないと入眠できない」という方も少なくありません。このような方は「ジェイゾロフトだけでは眠れないので、アルコールも摂取してしまおう」という発想に至ってしまってもおかしくありません。そして、徐々にお酒とジェイゾロフトを合わせて摂取しないとどうにもならなくなり、それぞれへの依存度が上がっていってしまう事になります。

 

一回アルコール依存症に陥ってしまうと、お酒が切れた際には凄まじい禁断症状に襲われる事になります。油断してお酒とジェイゾロフトを合わせて飲み続けてしまって、アルコール依存症になってしまってからでは遅いので、十分に気を付けるようにしましょう。

 

飲酒が必要なシチュエーションはどうする?

 

再三説明していますように、お酒とジェイゾロフトは「合わせて飲まない方が良い」のですが「職場の人間関係の影響でどうしても少しは飲まないといけない」という状況になってしまう場合もあるかもしれません。

 

そのような時は、可能な限り薄い(アルコール度数が小さい)アルコールを、できるだけスローペースで飲むように心掛けて下さい。アルコールを断固拒否していると、心証が悪化してしまうのであれば「ちょっとだけなら良い」というルールを自分の中に作っておくのです。
お酒とジェイゾロフトを合わせて飲むのは「禁止」ではないので、7日に1度前後、1杯程度であれば原則問題はありません。

 

ただ、眠気が酷くなる可能性は高いので、アルコールを摂取するのは休日の前日だけにしておいた方が無難です。休日であって、さらに「一日ずっと眠っていても良い」という日でないと困ってしまうかもしれません。また、「1杯飲むと、その後の我慢ができなくなる」というのであれば、そもそも一滴も摂取しないようにしましょう。

 

「合わせて飲まない方が良い」と頭で理解しているのに、アルコールの摂取がストップできないのであれば、既にアルコール依存症になってしまっているのかもしれません。うつ症状と比べても大幅に危険な状態なので、心当たりがある場合は即座に医療機関に出向くようにしましょう。