ジェイゾロフトのod(大量服用)リスク


常軌を逸した量の薬を飲んでしまう事を「オーバードーズ(od)」と言います。オーバードーズには色々なリスクがあります。

odしてしまう可能性はジェイゾロフトにもあります。ジェイゾロフト抗うつ剤ですから、耐性が付きやすいですし、依存もしやすいです。またジェイゾロフトは抗鬱剤であるわけですから、不安障害や睡眠障害である人が摂取するケースが大半であり、つまりは日頃ストレスが蓄積している人が摂取するケースが大半であると言えます。

  1. 耐性が付きやすく依存しやすいため、徐々に効きにくくなっていって、摂取量が多くなる
  2. メンタルが揺れているため、つい飲み過ぎてしまう

ジェイゾロフトのod(オーバードーズ)に陥ってしまう際のパターンは主に上記の2つです。

また、うつ病や不安症を治すために、ジェイゾロフトの他にも色々な医薬品を使っている方も多いはずです。そうなると、色々な薬が混合した大量摂取に陥ってしまう恐れもあります。

ジェイゾロフトの致死量は?


ジェイゾロフトのオーバードーズと聞いて、まず思い浮かぶのが「致死量はどれくらいなのか」という事だと思います。

薬においては半数致死量(LD50)という数値で考えます。LD50の意味合いは「LD50の分だけその薬を飲んだ人間が100人いれば、その内50人は死ぬ」という事です。

種別

LD50

マウス

419~548mg/kg

ラット

1327~1591mg/kg

参考ページ:MATERIAL SAFETY DATA SHEET

ジェイゾロフトの半数致死量は上記の通りです。~~ミリグラム/キログラムというのは、体重1キログラムにつき、~~ミリグラムのジェイゾロフトを摂取すると半数致死量になるという事です。動物試験ですから、そのまま人間と共通するわけではありませんが、一例としてマウスの数字で考えると、ウエイト60キログラムの人間の半数致死量はだいたい3万ミリグラムという事になります。つまり「100mgのジェイゾロフトだと300錠分」という事が言えます。

「300錠なんて飲まない」と油断してしまうかもしれませんが、これはあくまでLD50ですので、もっと僅かな分量でも死ぬ可能性がないわけではありません。そして、大半の場合で「たくさんの薬を一緒にオーバードーズ」してしまうわけですから、ジェイゾロフトのLD50自体にはある意味それほど意味がないという見方もできてしまいます。

ジェイゾロフトのodで死ななかった場合でも、

傾眠、胃腸障害(悪心・嘔吐等)、頻脈、振戦、不安、焦燥、興奮、浮動性めまい

等の多種多様な副作用に見舞われる事が判明しています。ですから、何にせよジェイゾロフトの過剰服用は厳禁です。

大量摂取してしまった場合は?


ジェイゾロフトを大量摂取してしまった場合は以下の2つの処置をするようにして下さい。

まず、意識が保てているケースです。この時は、横になり安静にして身体の回復を待ちましょう。食道にダメージが及ぶ事になるので、無闇に吐かせるのは厳禁です。

次に、意識が微か・無いケースです。この時は、危険度が高く即座に対応する必要があり、一般人にどうこうできるものではないので、即座に救急に連絡しましょう。状況によって酸素吸入、気道確保、活性炭投与、胃洗浄等をする事になります。

ジェイゾロフトに関する知識が薄いと、オーバードーズしてしまいがちです。自分が摂取する薬に関する知識はしっかり得ておいて、使い方を厳守するようにしましょう。