ジェイゾロフトが抜け毛・脱毛の引き金になる?

 

ジェイゾロフトを服用すると「脱毛・抜け毛が多くなる」場合があります。ここでは、抜け毛とジェイゾロフトの関わりを確認していきましょう。

 

ジェイゾロフトの副作用に「脱毛」がある

 

ジェイゾロフトの添付文書には、↓のような記述が確認できます。

 

1%未満

脱毛症

参考ページ:ジェイゾロフト添付文書

 

なので、抜け毛が増える場合があります。ただ「1パーセントに満たない」割合でしかないので、基本的には大丈夫であるとも言えます。厳密な数字が無いのでハッキリした事は言えませんが、100人に1人以下という事になるはずです。

 

→副作用|眠気やめまい、頭痛あり

 

光線過敏症のリスクもある

 

また、極稀にジェイゾロフトを摂取する事で副作用として「光線過敏症」に見舞われる場合があります。光線過敏症と抜け毛は無関係ではないので、覚えておきましょう。

 

皮膚が紫外線に異常反応を起こして、肌がただれ・湿疹に見舞われる症状の事を指して「光線過敏症(紫外線過敏症)」と呼びます。紫外線過敏症がエスカレートすると、室内の電気の光にさえ反応を起こしてしまうケースもあります。

 

紫外線過敏症を引き起こすリスクは色々な医薬品が有しており、「クラリスロマイシン」という知名度の高い抗生物質でも生じ得ることが判明しています。ですから、案外身近にある症状であると言えるのです。

 

ジェイゾロフトの摂取で、極めて低い割合で紫外線過敏症に見舞われるというのは既に説明した通りです。それが原因で頭皮にただれが生じて、抜け毛が増える可能性があるので、光線過敏症の疑いがあるのであれば、すぐにジェイゾロフトの摂取を停止しましょう。