ジェイゾロフトとカフェイン飲料やグレープフルーツとの飲み合わせ

 

特定の食材・飲料との組み合わせが好ましくない医薬品も存在します。誤って飲み合わせてしまうと色々と危険です。

 

では、ジェイゾロフトに関してはどうなのでしょうか。こちらで説明していきます。

 

問題が出やすい飲み物をチェックしよう

 

まずは、「医薬品との飲み合わせ」という話題でよく取り上げられる飲料について確認していきましょう。

 

  1. カフェイン飲料
  2. グレープフルーツ
  3. お茶に含有されるタンニン酸
  4. 牛乳や乳製品

 

主なところでは、↑の飲料があります。

 

カフェイン飲料

 

カフェインはコーヒーやお茶、栄養ドリンク、コーラなど、色々な飲料に含まれており、かなり身近なものです。そして、カフェインには以下の危険性があります。

 

  1. カフェインは覚醒効果を有しているので、睡眠障害や不眠症をエスカレートさせる恐れがある
  2. 血管収縮効果を有しているので、喘息をエスカレートさせる恐れがある
  3. 胃酸を多くさせる作用を有しているので、逆流性食道炎等をエスカレートさせる恐れがある

 

このように、意外と危ない部分もあるのです。

 

グレープフルーツ

 

「医薬品との飲み合わせ」という話題の際には「グレープフルーツ」も良く取り上げられています。理由としては「グレープフルーツが原因で薬の排泄・代謝がおかしくなる恐れがあるから」です。

 

代謝酵素の1つである「CYP3A4」をブロックする働きをグレープフルーツは有しています。ですから、代謝を「CYP3A4」で行っている薬と併用してしまうと、代謝がおかしくなってしまう可能性が高いです。そして、血中濃度が正常にダウンしなくなり、副作用が静まりにくくなったり効き目が強くなり過ぎてしまったりするのです。

 

そのような薬の場合は、グレープフルーツジュースとは併用しないようにしましょう。また、グレープフルーツのエキスや果肉を使った菓子類も勿論駄目です。

 

タンニン酸

 

タンニン酸はお茶の葉が入った飲料(烏龍茶、緑茶、紅茶など)に含まれている成分であり、抗酸化効果等、有意義な効果を様々に有しています。ですが、鉄分吸収をブロックする働きも有しているので、貧血の方は避けるべき組み合わせであると言えます。

 

牛乳や乳製品(バター・チーズ等)

 

一部分の薬の吸収速度を変える(遅くも速くもします)働きを乳製品やミルクは有しています。つまり、効果が薄くなったり強くなったりしてしまう恐れがあるという事です。

 

上記の飲料・食材の性質をまずは把握しましょう。

 

ジェイゾロフトと問題の出やすい飲み物との相性を見てみよう

 

では、ここまで出てきた飲料・食材とジェイゾロフトの組み合わせを確認していきましょう。

 

カフェインとの組み合わせ ジェイゾロフトの睡眠効果をカフェインの覚醒効果が邪魔してしまう場合があるので、組み合わせは極めて悪い
グレープフルーツとの組み合わせ CYP2C19がジェイゾロフトを代謝する代謝酵素のメインですが、CYP3A4も少し使われているので、あまり良い組み合わせではありません。
タンニン酸との組み合わせ 鉄分とジェイゾロフトに関わり合いはないので、タンニン酸と組み合わせても大丈夫です。
牛乳との組み合わせ ミルクを飲んでもジェイゾロフトの吸収スピードは変化しませんので、組み合わせても大丈夫です。

 

上記の通り、カフェインとの組み合わせは最悪です。カフェインの働きにより、眠りにくくなって、ストレスが蓄積してしまう恐れがあります。ジェイゾロフトを飲んでいる人の中には睡眠障害を有しているために、別の睡眠薬を併用している人も多いですが、それらの作用を邪魔してしまう可能性が高いので、カフェインは摂取しないようにしましょう。カフェインの効き目は最低でも半日は消えないので、どうしてもカフェイン飲料を飲みたい場合は午前中の間に飲んでおくようにしましょう。カフェインは、コーラ、栄養ドリンク、コーヒー、お茶等に含まれているので気を付けましょう。

 

次にグレープフルーツです。CYP2C19がジェイゾロフトの代謝を進める代謝酵素のメインですから、グレープフルーツは無関係のように思えるかもしれません。ですが「代謝にはCYP3A4も関係している」と添付文書に記載されていますので、可能であれば組み合わせない方が良いと思います。「絶対に駄目!」とまでは考えなくて良いですが、油断してグレープフルーツジュースを大量に飲むのは良くありません。

 

牛乳やタンニン酸との飲み合わせはOKですが、実質的にタンニン酸との組み合わせは駄目です。なぜなら「タンニン酸入り=お茶=カフェインが含まれている」という図式がほぼ成り立つからです。烏龍茶、紅茶、緑茶等とは組み合わせないようにしましょう。

 

ジェイゾロフトは必ず水で服用する

 

ミルクや麦茶等のカフェインが含まれていないお茶であればジェイゾロフトと組み合わせても大丈夫です。ですが、ジェイゾロフトをミルク等で摂取するのは止めた方が良いです。

 

なぜなら、ジェイゾロフトはそもそも「水で摂取するもの」であって、飲み方や飲む量も水で飲む事を想定して定められているからです。ですから、ミルク等で摂取してしまうと思わぬリスクを招いてしまう恐れがあります。

 

重篤な状態になる事はないでしょうが、ジェイゾロフトの効果が薄くなるなどの恐れはあるので、ジェイゾロフトはやはり絶対に水で摂取するようにしましょう。