ジェイゾロフト服用中の運動は大丈夫?

 

運動とジェイゾロフトについてですが、

 

  1. ジェイゾロフトを摂取しているワケ
  2. ジェイゾロフトそのものの運動への危険性

 

などについて考慮してみなければなりません。

 

どうしてジェイゾロフトを服用しているのか考える

 

まず、ジェイゾロフトを摂取しているワケに関して整理してみましょう。ジェイゾロフトはSSRIの仲間ですから、飲んでいる人はほぼ「うつ病・うつ状態」であるはずです。また、PTSDや不安障害である場合もあるはずです。何にせよ、ほぼ間違いなく精神疾患の治療中であるはずです。

 

そして、運動がそのような病気にどのような影響を与えるのかを整理してみなければなりません。

 

精神疾患を治すためにジェイゾロフトを摂取しているのであれば、普通は「運動を行う事が勧められる」はずです。精神疾患の改善手段の仲間として「運動療法」が存在しており、運動によって状態が良くなる場合があるからです。

 

精神状態の改善

 

運動を行うと血行が良化して、「脳由来神経栄養因子(BDNF)」と呼ばれる脳内神経物質の餌が多くなると言われています。それによって、神経物質であるノルアドレナリンやセロトニンが多くなる事になります。そうなる事によって、うつ病などが治っていくわけです。

 

体力が戻る

 

うつ病やうつ状態で外に出る事が減ると体力がダウンしますが、運動を行う事でその体力を戻す事ができます。そうなれば、失われていたモチベーションや集中力が回復して、症状が良くなりやすくなるのです。また、運動によってストレスを発散する事もできるはずです。

 

体重減少を促す

 

SSRI(ジェイゾロフト等)に関する副作用として体重が増える場合もあります。SSRI自体の働きによるところも勿論大きいですが、病気のせいで運動をしなくなり、代謝がダウンする事も大きく関係しています。ですが、運動に取り組めば代謝が回復するので、太りにくくなります。

 

上記の通り、運動療法はうつ病・うつ状態の改善手段の一種として有効ですから、ジェイゾロフトの摂取中に関しても、むしろ運動は行うべきなのです。

 

もちろん、ジョギングや筋力トレーニング等の激しい運動はしなくても良く、軽度の運動(ウォーキング等)から取り組んだ安全です。どのような運動が向いているのか人それぞれですから、まずは病院側に聞いてみる事をおすすめします。

 

ジェイゾロフト服用中の運動に問題が出るケース

 

運動を行う事でうつ状態をある程度治す事ができるというのは既にお伝えした通りですが、ジェイゾロフトの摂取中、運動を避けた方が良い場合もあります。

 

ジェイゾロフトを摂取して循環器関連の副作用(高血圧、動悸等)が出ている場合は、運動を避けるべきです。

 

→副作用|眠気やめまい、頭痛あり

 

そのような時に無理に運動をしてしまうと、心臓に大きな負荷が及んでしまうからです。ですから、運動は避けましょう。

 

普通でしたら、ジェイゾロフトを摂取している場合は軽い運動に取り組むべきです。ですから、副作用の種類によっては、運動を避けた方が良い場合もあるという事が言えます。この辺りの見極めは素人には困難ですから、心配であれば医療機関に出向いて相談した方が良いでしょう。