妊娠中や授乳中のジェイゾロフト服用はいいの?

 

あえて授乳期間・妊娠期間中に医薬品を飲もうと思う方はいないでしょうし、抗うつ薬であるジェイゾロフトであればなおさらの事だと思います。

 

ジェイゾロフトの添付文書を読めば、そのイメージが合っているのか否かが分かります。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
妊娠末期に本剤あるいは他のSSRI、SNRIが投与された婦人が出産した新生児において、入院期間の延長、呼吸補助、経管栄養を必要とする、離脱症状と同様の症状が出産直後にあらわれたとの報告がある。臨床所見としては、呼吸窮迫、チアノーゼ、無呼吸、発作、体温調節障害、哺乳障害、嘔吐、低血糖症、筋緊張低下、筋緊張亢進、反射亢進、振戦、ぴくつき、易刺激性、持続性の泣きが報告されている。
海外の疫学調査において、妊娠中に本剤を含むSSRIを投与された婦人が出産した新生児において、新生児遷延性肺高血圧症のリスクが増加したとの報告がある。
参考ページ:ジェイゾロフト添付文書

 

添付文書には上記のように記載されています。

 

端的に言えば「乳児・退治に悪影響が及ぶので、止むを得ずジェイゾロフトを飲むというのでなければ控えましょう」という事です。ここでいう「悪影響」とは、産んでからの離脱症状や成長の阻害等の事です。

 

ジェイゾロフトによってうつ病が大幅に良くなっていて、停止する事によるデメリットの方が大きいという場合は飲み続けても良いかもしれませんが、何にせよ病院に行って判断してもらうようにしましょう。

 

「これだけだと判断しにくい」という方は、他の評価基準もチェックしていきましょう。米国のFDA(厚労省のようなものです)のFDA薬剤胎児危険度分類基準が、一種の判断基準となります。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A むしろ摂取が推奨される OK
B あまり危険性はない たぶんOK
C やや危険性があるかも 場合によってはOK
D 高い危険性がある どうしても必要な場合以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準は↑の通りであり、区分は5つでA、B、C、D、Xとなっています。ジェイゾロフトの区分は「C」です。「C」は「動物試験ではリスクが認められたが、人体試験はしていない」というものですから、安全性が高いとは表現しにくいレベルです。

 

続いて、ジェイゾロフトの危険性を別の医薬品と比較する事で確認していきましょう。

 

カテゴリーA 葉酸
カテゴリーB カフェイン、アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)、アモキシシリン(抗生物質)など
カテゴリーC ジェイゾロフト、ロキソニン(解熱鎮痛剤)、クラリス(抗生物質)、マイスリー(睡眠薬)、デパス(抗不安薬)など
カテゴリーD アルコール(お酒)、ニコチン(タバコ)、ボルタレン(解熱鎮痛剤)、ミノマイシン(抗生物質)、ワイパックス(抗不安薬)、パキシル(抗うつ薬)
カテゴリーX サリドマイド、ハルシオン、ユーロジン、ワーファリン、フィナステリド

 

ジェイゾロフトと別の医薬品との区分比較が↑です。

 

まずA、Bは安全性が高く、安全な痛み止めであるアセトアミノフェン(B)、妊婦がむしろどんどん摂取するべきである葉酸(A)等が含まれています。実は(B)にはカフェインも含まれています。カフェインを避ける方も多いでしょうが、適量であればほぼ大丈夫だと見られています。

 

(C)としては、抗生物質のクラリス、痛み止めのロキソニン、抗不安剤のデパス、そして件のジェイゾロフト等があります。

 

(D)にはアルコールやニコチン等、明らかに身体に悪そうなものが含まれています。また、SSRIの仲間であるパキシルの区分もDです。SSRIであるジェイゾロフトはCでしたから、SSRI内でも危険度にはある程度のバラつきがあるという事です。

 

まとめると「ロキソニンレベルの危険性を持つが、アルコールやニコチン程ではない」というのがジェイゾロフトの評価となります。ですから、もしロキソニンを控えているのであれば、ジェイゾロフトも可能な限り控えた方が良いと言えます。

 

ただ、パキシルよりは多少危険性が低いので、今までパキシルを摂取していた場合で、妊娠等をきっかけにジェイゾロフトにチェンジするというのはアリかもしれません。もちろん、医師との相談は必須です。

 

妊娠を機に女性ホルモンのバランスが崩れて、鬱っぽくなったり眠れなくなったり、イライラしたりする場合があります。以前から鬱っぽければ、妊娠を機に悪化する場合もあります。ですから、どうしても辛いのであればジェイゾロフトを飲む事が許される場合があります。「ジェイゾロフトの悪影響よりも、母体のうつ症状による胎児への悪影響の方が大きい」と判断されれば、という事です。

 

ですから「とにかくジェイゾロフトは駄目!」と思い込むのも良くないので、辛い場合はきちんと病院に行って指示を受けるようにしましょう。薬を変えたり、ジェイゾロフトの摂取量を少なくしたりする事になると思います。

 

妊娠初期~後期のリスクの違いは?

 

妊娠から何ヶ月目なのかで、医薬品の危険性が変化する場合もあります。ジェイゾロフトに関しても、原則妊娠してから間もないほど危険性は上がります。

 

繰り返しになりますが、妊娠期間中のジェイゾロフトの危険性の一種に新生児の離脱症状が存在します。妊娠期間中は母体を通じて胎児にジェイゾロフトの成分が届く事になります。ですが、産まれると母体から成分が届かなくなるので、離脱症状が生じるのです。

 

ジェイゾロフトの成分が届いていた期間が長いほど離脱症状は酷くなります。ですから、服用が妊娠初期からになるほど離脱症状が重くなりやすいのです。そして、危険なのは離脱症状だけではありませんから「妊娠後期なら大丈夫」という事でもないので気を付けましょう。ただ、何にせよ「胎児に成分が届いてしまう期間」には目を向けておくようにしましょう。

 

裏を返せば1度や2度摂取するくらいであれば、妊娠期間中でもあまり悪影響は及ばないという事になります。実際、抗不安剤のレキソタンは頓服的に摂取して構わない医薬品となっています。ですから、妊娠期間中はジェイゾロフトを避けて、どうしても苦しい折だけレキソタンを1度か2度摂取するというのも悪くないと思います。妊娠期間中だからと言って、何でもかんでも薬を避けていると、かえって症状がエスカレートして、胎児に悪影響が及ぶ場合があるので、視野を広く持つようにしましょう。

 

ただ、何にせよ必ず病院に行って相談して方針を決めるようにして下さい。

 

授乳中はどんな影響がある?

 

ジェイゾロフトと、乳児・授乳中の母親の繋がりに関しても、添付文書に記載されています。

 

授乳中の婦人には投与を避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせること。
大うつ病を伴う授乳婦(26例)にセルトラリン25~200 mg注)を1日1回、14日間以上反復経口投与した時、いずれの授乳婦の乳汁においてもセルトラリンは検出され、投与後9日目に最高値を示した。また、乳児の血清においてもセルトラリンが確認された。

 

ジェイゾロフトを飲んでいる最中の母乳には、ジェイゾロフトがほんの僅かに混ざる事になります。ほんの僅かとは言え、乳児はそもそも身体が小さいので、影響が多く出過ぎて「眠り癖」などが出来てしまう恐れもあります。ですから、可能な限り授乳は止めておいた方が良いのです。

 

ただ、妊娠期間中よりは対処がしやすいです。妊娠期間中とは異なり、すでに乳児と母親は切り離されているので、単に母乳を与えなければいいのです。ですから、ジェイゾロフトを飲んでいる場合はミルク育児をすればいいのです。

 

できるだけ初乳はあげるようにしよう

 

ジェイゾロフトを飲んでいる場合はミルクで育てるべきですが、それでも「初乳(赤ちゃんを産んでから数日の最初の授乳の事)」は飲ませる事を推奨します。初乳には母親の免疫物質である「免疫グロブリンA」が少し入るからです。初乳前後の数日間だけジェイゾロフトを飲まないようにすれば、乳児に初乳を飲ませても大丈夫です。

 

初乳を与える事で、免疫を最低限与える事が可能です。初乳を与えましたら、後はミルク育児に切り替えると良いでしょう。